menu
  • HOME
  • 胡蝶蘭の育て方・お手入れ

胡蝶蘭の育て方・お手入れ

胡蝶蘭の開花中の管理ポイント

胡蝶蘭の置き場

コチョウランの鉢は、カーテン越しに日光が当たり、 15℃以上(最低10℃)が保てる、 風通しのいい場所に置くのが良いでしょう。

胡蝶蘭はエアコンの風に注意しましょう。

コチョウランにエアコンの風が直接当たる場所は避けて下さい。 風が強すぎたり、寒すぎたり、通気性が悪い場所も避けましょう。 また、ストーブのすぐ近くに置くのも厳禁です。 乾燥してしまうとせっかくのつぼみが落ちてしまったり、 株が弱ってしまいます。

胡蝶蘭のお花が終わったら

胡蝶蘭の花が終わったら、一番下から数えて三番目の節の上を切ります。 節から花茎が伸びて、数ヵ月後にはもう一度花が咲くこともあります。 胡蝶蘭は育てるのが難しいとよく言われますが、 慣れてしまうととても育てやすい植物です。 また、豪華な胡蝶蘭の花を咲かせましょう。

胡蝶蘭の季節のお手入れ

胡蝶蘭の水やり
コチョウランは水ゴケなど、植え込み材料の表面が乾いたら与えてください。
胡蝶蘭の置き場所
カーテン越しなど、薄日が半日程度当たる場所が最適です。

胡蝶蘭の水やり
気温が高くなり、コチョウランは成長が早くなるので、コチョウランの鉢は乾きやすくなります。朝晩注意して確認し、乾いたら与えてください。
胡蝶蘭の置き場所
この時期はコチョウランの成長にとても良い時期です。 室内なら直射日光を避け、カーテン越しの薄日が当たるところ。 できるだけ涼しい場所に置きましょう。

胡蝶蘭の水やり
できるだけ日中に与えてください。 気温の低下とともに、水やりは少なめにしていきましょう。
胡蝶蘭の置き場所
室内のレースのカーテン越しの日光を当てましょう。 夜間冷える場所には注意しましょう。

胡蝶蘭の水やり
コチョウランの株は休眠しているため水をあまり吸いません。 水やりは乾かし気味にする方が株を弱らせずに越冬できます。 冬の水やりは、日中の暖かい時間帯にあげてください。 夜間の湿度が10℃以下になってしまうときは水やりを控え、乾かし気味にします。 時々スプレーで葉に水を与える程度にします。
胡蝶蘭の置き場所
室内の暖かい場所に置きます。 日中はガラス越しの日光が当たるところに、 夜間は暖房のあるところに置き、直接風を当てないように管理します。 できるだけ温度の高いところに置くようにします。